名刺交換の手順

最近では、転職エージェントなどを利用して、 就職する人が増えてきました。

色々な情報が書いてあるサイトも多数あります。
内容としては、転職エージェントに登録するメリット⇒等々です。

就職すれば、名刺交換も頻繁に行われます。
そこで、きちんと名刺交換出来るようにここで学んでいきましょう。
それでは、早速名刺交換の手順をお話ししていきましょう。

①渡す前に準備します
相手が来る前に手元に準備しておきましょう。
汚れないように名刺入れに入れておくのもマナーの一つです。
それから、事前に名刺がないかチェックして、
ない場合は作っておきましょう。
名刺交換の際にに名刺がないというのは、
社会人としてやってはいけないことです。
もし忘れてしまった場合には、謝罪して次回渡します。
…が、忘れないようにしましょう。

②渡し方
目下の者から先に差出し、胸の前くらいに持っていきます。
(もし差出すのが遅れた場合には、「申し遅れました」と言って渡します。)
持ち方は名刺に書かれた文字がかくれないように、
相手側から読めるように両手で持って渡します。
(もし、お互い同時に持っていた場合には、片手で渡しても良いです。)

また、渡す際には「会社名・部署・名前」を言います。
渡し終わったら、「頂戴いたします」「宜しくお願いします」などを言うと良いです。
そのあと、もし相手の名前がわからないというのであれば、
聞きましょう。後々聞くというのはかなり失礼です。
早目に聞いた方が良いですよ。

③受け取った後は…
受け取った名刺は、テーブルに置いておきましょう。
名刺入れがある場合は名刺入れの上に置きましょう。
名刺入れにしまうタイミングとしては、
目下の者であれば、周りに合わせてしまうようにしましょう。
しまい忘れるという事はないようにし、
名刺をなくさないようにしましょう。
相手の個人情報が書かれていますので、注意して下さい!

また、次の為に備えて名刺がなくなりそうであれば、
準備しておきましょう。
特に出張など行かれる際には、いつもより多めを準備しておいた方が良いと思います。